かんとん ほうけい

包茎知識

かんとん ほう けい

「かんとん」は「嵌頓」と書いて、意味は「器官が飛び出し、戻らなくなった状態」である。
「ほうけい」は「包茎」と書いて、意味は「亀頭に皮が被っている男性器」である。

通常、「カントン包茎」と表記される。

包皮口が狭いにもかかわらず、無理に亀頭を露出させると、包皮が元に戻らなくなる場合がある。
この時、包皮口が亀頭の下を締め付け、血行障害が発生する。
血行障害により、亀頭がうっ血ししたり包皮が腫れたりする。
この状態が「かんとんほうけい(カントン包茎)」である。

放置すると亀頭が壊死することがあるので、すぐに皮を戻さなければならない。
自分で対処できない場合は、泌尿器科で処置してもらうことになる。

包皮が元に戻せれば、症状は改善される。